材料の伐採から作品の仕上げまで、全てが一人の作家によるこだわりの魚の木彫。

工房の紹介

事業名 「工房 木魚」こうぼう もくぎょ
       

 木で作った魚、を作っているので短絡的にこんな名前になりました。
 マスコミから「変わった名前なので・・・」とよく取材をうけます。
 仏具屋さんかと思われることもしばしば。紛らわしくてスミマセン。

事業主  高松 和弘 たかまつ かずひろ

  昭和38年広島生まれ
 大学院卒業後、自然環境関係の仕事(海洋生物が専門)に従事。
 2000年、「田舎に住みたい」という、奥さんの我儘に応え、退職。
 その後、間もなく専門学校にて木工の基礎を学び、その後独自に修行を重ね現在の表現を取得。
 その年の冬には、材料となる「木」を求めて念願の田舎に移住し、地元森林組合の協力を得られる。
 木の伐採、乾燥、製材、作品の仕上に至るまでの過程を全て一人でこなす。
 (ちなみに奥さんは何もしない。畑仕事に精を出しています。)

事業所 山口県岩国市錦町宇佐郷471-3
 2000年12月より地元の空家を改修・移住、その一部を工房としていました。
        旧工房の作業場

 2006年6月、借りていた古民家崩壊の危険を感じ、近所に工房を新設
      現工房全体像2008年正月の映像

   
 (カービングの作業場です)       (製材用の作業場です)

連絡先 
住所 〒740-0902 山口県岩国市錦町宇佐郷471-3
電話 0827-74-0670(fax兼用)
 mail(アットマーク)mokugyo.com
スパムメール対策のため、@を(アットマーク)と表記しております。
メールされる際は、@に直して送信して下さい。

トップへ


リアルでシャープなデザインの中にも、かわいらしさが漂う、他には無い逸品。