材料の伐採から作品の仕上げまで、全てが一人の作家によるこだわりの魚の木彫。

タツノオトシゴ

タツノオトシゴ
Hippocampus coronatus
タツノオトシゴは、メスがオスの育児嚢に卵を産み、オスが稚魚を出産するという変わった習性を持っています。
また、短期間に多数の稚魚を産むことから、古来より安産のお守りに使われました。
作品は、棘の少ない丸みを帯びたデザインにしています。
魚眼は、白目にはハゼノキなど、黒目はコクタンを使用。
タツノオトシゴ作品例・ハネミイヌエンジュ  タツノオトシゴブローチ作品例・タカノツメ・ネコノチチ・ハネミイヌエンジュ





トップへ


リアルでシャープなデザインの中にも、かわいらしさが漂う、他には無い逸品。