材料の伐採から作品の仕上げまで、全てが一人の作家によるこだわりの魚の木彫。

マンジュウイシモチ

マンジュウイシモチ
Sphaeramia nematoptera
テンジクダイ科の魚で、奄美大島以南に生息します。
奇抜な形態が特徴的で、幼魚の頃は愛らしく見えますが、成長すると赤いギョロ目が強調され、ちょっと不気味。
作品は、幼魚の特徴をデザインしたものです。
魚眼は赤目にネコノチチ、黒目にハネミイヌエンジュを使用。
マンジュウイシモチ作品例・ネコノチチ+コミネカエデ   マンジュウイシモチ作品例・ネコノチチ+コミネカエデ   



トップへ


リアルでシャープなデザインの中にも、かわいらしさが漂う、他には無い逸品。